当身のこと 手刀(てがたな)編

 八光流柔術の当身のこと。二つ目に考察してみるのは手刀(てがたな)による当身についてです。

 まず、八光流を学んでいる者にとってはあたりまえのことなのですが、世間一般の方や入門して間もないひとにとっては意外と知られていないのが、手刀(てがたな)の当身は手刀打ち(しゅとううち)やチョップとは違うものだということです。

 流派によってさまざまなので一概にくくるのは難しいのですが、手刀打ちやチョップとされる技においては手の四指をピタッと揃えて拇指もまげて手そのものを硬く補強した形をつくり、強く敵の身体に当てたり敵の攻撃を強く弾いたりする技法と言えると思います。

 この手刀打ち・チョップはたいへん威力のある有効な技法なのですが、そもそも生身の素手を強く対象にぶつけても壊れないように手を武器化したと呼べるレベルまで鍛えあげなければならないので、武術として専門かつ日常的に鍛錬する動機を持たないひとにとっては実用化の難しい技法となっているようです。

 八光流の場合は鍛えあげた肉体を駆使して闘うという発想の武術ではなく持って生まれたまま、あるいは今現在の我が身で身を護ろうという発想の護身武道なので、 鍛えあげた手を必要とする手刀打ちは用いません。
 ですので手刀打ち・チョップではなく俗称として手刀払い(てがたなはらい)とも呼ばれる当身を用いるのですが、護身術講座の参加者や入門して間もない初心者はついつい強く叩こうとして手刀打ち・チョップの手形になってしまうひとが少なくありません。
 習ったわけでもないに、なんらかのアクション映画などの映像や劇画などの絵のイメージからそうなってしまうようなので、認識を変えていただくというのはなかなかに難しいことだなと思い知ることも何度かありました。

 では八光流柔術における手刀とはどのようなものでしょうか?
 師範によって色々と見解も違うことと思いますので、以下に述べることはあくまで浅間巧山皆傳師範の解釈によって文武塾にて指導されている手刀のことであるとご理解をお願いします。

 手刀における当身(手刀払い)も目潰しの当身と同様に、姿勢は正して肩や肘の力は棄ててしならせるように放ちます。手形は五指を固めずに開きますが、ピンと突っ張るように開くのではなく、掌の力を解くようにパラッと自然に開きます。
 もう少し端的に一言で言い表すと次のようになります。

 「姿勢を正し、肩と肘を重点的に腕全体の力を棄てて、五指を自然に開く」

 八光流柔術を稽古されているひとは「あれ?」と思うか、「なぁんだ、そんなことか!」と拍子抜けするかのどちらかでしょう。

 基礎中の基礎、入門初日の第一番目に学ぶ『八光捕(はっこうどり)』の基本型で教わる「手を八光に開く」という要訣・コツとまったく同じだということです。

 つまり文武塾の解釈では、「八光に開いた手」も「手刀の形(カタチ)」もく同一だということです。

 掴まれたり抑えられたりした時にパッと開いた受動的な手を「八光に開いた手(あるいは八光捕)」と呼び、当身として相手を打ったり相手の拳足を払ったりするときにパッと開いた手を「手刀(てがたな)」と呼んでいます。

 ですので、実は文武塾では八光捕の稽古の時点からすでに手刀の練習は始まっているという認識でいます。

 また、現行の基本型の二番目『手鏡(てかがみ)』では捕は掛の小手を返して投げた後、手刀の当身を顔面に向かって放ちますが、これも取が手刀の当身を練習しているだけでなく、投げられている掛も顔を守るべくパッと開いた掌を顔前にそなえているのは手刀払いの練習になっています。
 投げられた後、ちゃんと腕の力を棄てることができていないと間髪開けずに打ち放ってくる手刀を受けるのが間に合いません。掛もただ単にやられ役をやっているわけではなく、稽古している内容が色々ありますが、受の手形もそのひとつだということです。

 私は以上の理由で手鏡の稽古では「取は最後まで忘れずに手刀の当身をしてください。掛は手刀が寸止めだとあてにしないで、しっかり守ってください」と言っています。
 もしかすると鬱陶しく思われる方もいたかもしれませんが、手刀を省略してしまうと手鏡という基本型を稽古している密度が薄まってしまい取・掛ともに時間を割いて稽古しているわりに損をすることになってしまうと考えていますので、これからも口うるさく言うことになるかと思います。

 さらに言うと、初段腕押捕・胸押捕で取が目潰しの当身を放ってくるのを間に合わないのではなく、どうせ寸止めだと思うのかまったく受ける気が無くボ~としているひとが稀にいますが、あれも物凄くもったいないことをしていますので、もし自覚のある方は目潰しをパッと八光に開いた掌でサッと受ける意識を稽古に取り入れていただけたらと思います。

 くどくなってしまいますが、大事なことなのでもう一つ。

 初段打込捕で取が額の前上方にサッと備える手も、八光に開いた手刀であることを強く意識していただきたいです。

 手刀の手形でないと、「打ち込んでくる掛の手首を掴んでしまう」という悪癖がなかなか抜けなくなってしまいます。
 この癖が抜けないと二段打込捕になったときに「赤子の頭を撫でるように」という口伝を活かすのは絶対無理と言い切れるほど難しくなってしまうので、文武塾の生徒さんたちには少し厳しめになってしまうかもしれませんが、護身にとっては大事なことなので隠さずお伝えしていきたいと思います。

 次回は手刀の活用法とその注意点についてご紹介し考察してみたいと思います。  

スポンサーサイト

テーマ:武道・武術 - ジャンル:スポーツ

| 柔術みちしるべ

«  | ホーム |  »