形にとらわれること

 一説には、「型の稽古ばかりしていると、型の形にとらわれて自由闊達に動くことができなくなる恐れがある」とも言われることもありますが、本当にそうでしょうか?

 まず稽古時間の問題ですが、空手や拳法のように一人で稽古できる独演型なら毎日毎日体力の続くかぎり何時間も稽古に時間を割けるひとは割けるでしょうから、形がルーティン化してしまうのがありえないとは言い切れません。しかし、二人相対で型稽古する柔術であれば、稽古相手との時間を合わせることや稽古の環境を整えるということを考えると形がルーティン化してしまうほどの稽古量を確保するのは現実的にはありえなさそうです。
 むしろそんな心配が起きるほど稽古できる時間と環境があるならば、逆に羨ましい話にすら感じてしまいます。

 いや、型稽古に費やした時間の問題ではなく形どおりに動こうと考えて稽古することが問題なのだという考え方もあります。しかし、実際にやってみればわかりますが、型で毎回形どおりに動くというのは、かなり難しいことはすぐにわかります。
手順の確認のために掛(攻め方)があまり力を入れず抵抗もしないのなら形どおりも可能ですが、本来の想定どおり掛がしっかり攻めて稽古していれば、掛の力の入れ方や痛がり方や反応などはひとりひとりまったく違いますし、相互にちょっとでも条件が変われば同じペアでの型でも流れも毎回少しずつ変わります。
 型どおり動けないことに直面することで課題に気づけるわけですし、術理の学びも深まるのです。
 
 もし毎回まったく同じように、同じ形で動けているようなら(あるいは形どおりに動けていると思い込んでいるのなら)、おそらくそれは馴れ合いで動いてしまっていると言わざるをえません。そんな稽古を継続していれば、馴れ合いから外れたイレギュラーが起きた時、「型どおりにいかない。形にとらわれていたためだ」と考えてしまうのかも知れませんが、それは型のせいではなくて、型を正しく稽古していなかったためです。
 【型を読む】の回に述べたように、学ぶ手段としての型ではなく、型どおりに動くことが目的になってしまった稽古をしていれば「形にとらわれる」症状がでてしまうことでしょう(このことは独演型の場合でも同様です)。特に「型の見栄えを良くしよう」という私欲は馴れ合いや形にとらわれる一番の罠ですので常々注意が必要です。

 そもそも相対型も独演型も同じなのですが、型の形の内容を理解・納得せずに「決まり事だから、こう動かねばならない」という強制で稽古を継続していればいずれ形にとらわれてしまう恐れもあります。しかし型の形の内容を理解・納得した上で「なるほど有効で便利だ。こう動けるようになりたい」と主体的に取り組んで習慣化した形は「形にとらわれている」のではなく「形を活用している」のだということを知ってほしいと思います。

 文武塾の現状では、まず型の内容の理解に時間をかけているので初学者にはちょっと敷居を高く感じさせてしまっているかも?という懸念はあるのですが、馴れ合いの相対稽古にならないようにも注意をはらっていますし、ルーティン化してしまうほどに無心になってひたすら何十回も何百回も繰り返し練習できる稽古の時間も環境も残念ながら作れていないので、「形にとらわれる」心配をする必要は当分の間はなさそうです。

スポンサーサイト

テーマ:武道・武術 - ジャンル:スポーツ

| 柔術みちしるべ

«  | ホーム |  »