腕の伸張収縮運動とおばけの手

 力を棄てた腕の表現であり練習法として代表的なものに通称「おばけの手」とよばれる形(カタチ)があります。このおばけの手の用い方にも腕の伸張と収縮に大別される表現があるのですが、前回手鏡のことで述べたように型の稽古の内でよく用いられるのは伸張での表現です。
 ところが私が師匠から学んだ手鏡の型はおばけの手を用いないものでしたので、おばけの手単体で指導を受けた時は腕の収縮での形だけでした。当時は「力を抜けば簡単だ」とさんざん言われたこの収縮したおばけの手が、むしろ苦手意識をもってしまうほどやたらに難しく感じていました。
 それは見たままの形をただ真似しようとして腕の収縮ではなく屈曲運動をしていたためでした。
 後におばけの手を用いる手鏡の型で初めて腕を伸張させるおばけの手を学んだ時に、それまで自分がやっていたことが腕の収縮ではなく屈曲だということにようやく気付かされました。

 それ以降、腕の伸張ができてからの方が収縮の感覚も自然とつかみやすいのだろうと考えています。実際のところ護身術講座や柔術体験講座、あるいは体験入門の際にはとりあえず見たままこの伸張させたおばけの手を真似してもらうと、ほとんどのひとが「とりあえず何故かできてしまう」のです。
 とくに、そもそも腕力が無いので男性に力で敵うはずがないと自覚している女性などが、素直におばけの手を真似すると物凄く見事に技が決まるという現場にも何度か遭遇しています。ところが見事に技が決まることに本人も最初はびっくりしつつ、何度か繰り返しているうちに急に効かなくなってしまうという姿も同じ回数だけ目にしています。
 これは何度か上手くできていると、なんとなくできていた腕の伸張収縮運動も次第に欲が出て作為が働き腕の屈曲伸展運動になってしまうからと考えられます。
 そこでもう一度上げることではなく、力を抜くことに専念してもらうように提案すると、また見事に決まるようになることがほとんどでした。

 おばけの手において腕の伸張収縮が行われている際は、少なくとも骨格的には体の前面は鎖骨まで、背面なら肩甲骨までは連動していると考えられますが、これら体幹の動きを使おうという意識もまた作為となり、力を棄てることと相反してしまいます。この作為が働いてしまうということが、おそらく多くのひとにとっての最初に向き合わなければならないハードルかと思われます。
 作為を働かないようにできるのが理想ですが、そのような無為自然・無念無想な状態に常になれるのはもはや名人レベルですから、初学者にそれを要求するのは酷な話です。
 まずは見たままの真似からはじめて、後に原理を学び、そして作為による力みと向き合って克服することを目指したいところです。

 ひとによっての向き不向きもあるので、万人におばけの手が最適とはいえないのですが、おばけの手は目に見えやすいので、真似から入るのに非常に適した形です。
 そして形として活用できるようになれば、おばけの手にこだわる必要もありません。ですがだいぶ上達してからでも、おばけの手で再確認できる要素も多いので時折初心に帰って稽古してみるのもためになると思います。

スポンサーサイト

テーマ:武道・武術 - ジャンル:スポーツ

| 柔術みちしるべ

«  | ホーム |  »