演武あれこれ2

 八光流柔術の演武の様式というというものには実は決まりごとがなく、他の日本武道の演武を観覧したことのあるひとからすればちょっとした驚きかもしれません。

 基本技を堅実にこなすひと、応用変化技を次々と披露するひと、解説付き演武、寸劇風演武などなど本当に様々です。

 これから演武について述べていくにあたって、まず私自身が演武をどうとらえて行っているかといえば、前回も触れた故人の名人の先生に教わったことがベースになっています。

 そのきっかけは、ある年の本部錬士会でのことでした。

 実戦名人として有名だったその先生にようやく顔だけは覚えてもらえたかな?という頃でしたが、稽古の時道場のスペースがいっぱいだったので、正座して見取稽古をしていたのですが、私が腰を浮かし立ち上がろうとしたところ、少し離れて座っていた先生が気配を察して、

「あぁ、お前は行くな! こっちに来て座っとれ!」

と言ってご自分の左隣の畳をトントンと指で叩いて呼ぶので、(何事か?)と恐る恐る隣にかしこまって座るなり、ある先輩師範が指導されている様子を指して、

「あの技のどこが悪いかわかるか?」

と質問されました。しかもわざとご本人に聞こえる大きい声のボリュームで(汗)。
(すぐ後でわかったことですがこれは嫌がらせではなく、この先輩師範は先生に目をかけられ期待されていた若手の師範だったので、先生なりの叱咤激励・愛のムチといったところだったようです)

 その時は私自身もその先輩師範にはとても善くしていただいていたので、なんとも言えず居たたまれなかったのですが、「本来あの技は……」といろいろと解説してくださり、そして「あの技をもし演武でやるとしたら……」と話の向きが変わって、そこから演武全般についての先生なりのお考えを伺う流れになったのです。

 実戦派で有名だったその先生は、演武についてはアバウトなのではないかと勝手に思い込んでいたのですが、実際にお話を伺ってみると演武について諸々の心遣い(特に観ているひとに対して)をされており、それまでは怖い厳しい先生だというイメージが強かったのですが、実は心根はとても優しい先生なのではないか?という印象にガラッと変わるきっかけでもありました。

 このときに教わったことを、今きっちり出来ているかというと残念ながらまだ全然至らないのですが、以後はこの時の教えに近づけるようにと心に留めて演武するようにしています。

 最初に書いたように八光流柔術の演武には決まり事はないので正解というものはありませんが、次回以降はこの先生に教わったことをベースにしながら、私自身がやってみて上手くいったり失敗したりしたことや、観て感じたことなどを述べてみたいと思います。

スポンサーサイト

テーマ:武道・武術 - ジャンル:スポーツ

| 柔術みちしるべ

«  | ホーム |  »