続・八光捕のこと3

 前回は相手が「この野郎!」と攻めかかって手首を握ってきた際に、自分は挑まず逆らわずに手指をぱっとひらいたときの彼我の関係を釣りに例えて『ヒット』と表現し、また先輩師範から学んだ「『当たり』を捉える」という言葉を紹介してみました。

 文武塾ではこのときのことを『手之内を捕る』と言っています。

 錬度が上がると手之内を介して肘~肩~首~中心軸~……と捕る位置が中心のほうに移っていって、結局は総合的に「『当たり』を捉える」というレベルに達することを目的としています。

 ただしこの『手之内を捕る』というのは、腕の操作がどうだとか、インナーマッスルがどうだとか、感覚がどうだとかなど、小難しく考えて練習しているわけではありません。

 型稽古なので、
・姿勢を正す。
・肩~腕の力は抜く。
・手指をぱっと八光にひらく。
・相手を見る。
の取としてすべきことができていて、

・「えいやっ!」としっかり攻める気で手首を掴む。
という掛のやるべきことをしっかりやることが加われば、『手之内を捕る』ことは自然に達成できてしまいます。

 この型稽古を繰り返すことによって「姿勢を正す・肩~腕の力は抜く・手指をぱっと八光にひらく・相手を見る」ことだけで、ぐっと手首を掴んでくることに対して十分対応できるという自信が深まらないと、『挑まず、逆らわず、傷つけず』という心境になかなかなれないのです。

 ですので、掛はしっかりと攻める気で手首を掴まなければなりません。

 掛が「手を解かせてなるものか!」などと守りに入った掴み方をすれば、同じことをしているようでまったく違う型になってしまいます。

 そのような守りに入った相手でも『八光捕』の形として手をいかにあげるか?という稽古は帯が紫に変わることを目指すレベルになってから取り組んでも遅くないと思いますし、帯が紫になったならそれができなくてはなりません。

 話がそれてしまいました。

 手之内~中心軸までの「『当たり』を捉える」ことができた上で、そこにいかに働きかけるか?その働きかけのエネルギー(古くは金剛力や中心力と言われました)を何処からどう生み出すのか?を学ぶのですが、それについてはとても重要なことなので、実地教伝の機会でのみお伝えできることです。

 私見ですが、八光流柔術の基本型はほぼすべてがいかに八光捕と同じように「『当たり』を捉える」か?ということを、手を変え品を変えしながら、懇切丁寧に教えてくれるカリキュラムになっているのだと思います。

 初段技だけでも、手首掴み・腕押え・胸押え・打込み・首締め・背後からの抱き締めなどの想定の型を学びますが、すべて八光捕と同じ姿勢と心持ちで「『当たり』を捉える」ことを学んでいます。

 そして『当たり』を捉えた上でどう技を運用するのかという基礎的な勝ち筋・手筋も同時に学ぶので、型稽古は必須です。

 そのために掛は取が勝ち筋・手筋を理解しやすいように型の想定どおりにしっかりと攻める必要があります。

 剣術の組太刀における仕太刀=取、打太刀=掛という関係と同じですね。

 だからこそ本来の八光流柔術の教伝は師範と門人のマンツーマンが原則となっていたのでしょう。師範が門人の技を封じるのではなくて、掛としてしっかり攻めて正しく技が効いた感覚を味わわせ、覚えてもらうことがまず大事ということだったと思います。

 現代では師範とマンツーマンというのはなかなか難しいものがあります。だからこそ型稽古における掛の役割については、はき違えないように注意が必要になります。

 八光捕と流派の名前を冠するだけに伊達ではないということです。手を解くだけの行為ですが、やはり型であることをお忘れなく。

スポンサーサイト

テーマ:武道・武術 - ジャンル:スポーツ

| 柔術みちしるべ

«  | ホーム |  »