【柔術みちしるべ ~掛の稽古2~】

【掛の稽古2】

 稽古において『しっかり攻め掛かる』とはどういうことでしょうか?

 ただ一方的に誰彼かまわず全力で攻めて押しつぶしたり圧倒していては型稽古としての『正しい攻め』にはなりません。

 ポイントは二つ。

1.取が対処できる限界の圧力を見極めること。
2.型の想定を理解していること。

 1.は例えば初段技の腕押捕や胸押捕の場合、腕や胸を掴んで押さえて力任せに押すのではなくて、取が姿勢をすっと保って受け止められる圧力のボリュームを見つけるようにすることです。

 「この人はだいたいこの程度」ではなくて、同じ人でもその日の体調やモチベーションや上達具合によって毎回違いますから、向き合った感じや触れた感触で圧力を探って適度な加減をみつけます。

 また、漠然とボンヤリ掴んだり打ったり突いたりするのではなく、ちゃんと取りの中心を押さえて肚に響くように留意して稽古していると掛にとっても『当たりを捉える』訓練とすることができます。

 ちなみに、最初はちょっと押しただけでひっくり返りそうだったひとでも、徐々に圧力を強くしていくと姿勢や肚ができてきて結構な圧力で攻めても受け止められるようになってきます。
 掛をしていて(おっ!?この強さでも大丈夫になった!!)と感じられたときは、指導していてこっそり嬉しい瞬間であったりします。

 2.も漠然とやらないことにつながりますが、掛が掴んだり引っ張ったり打ったりするのは、その後にどういった攻撃をするつもりでいるのかを理解して行動するということ。

 腕押捕・胸押捕は腕や胸をつかみ押さえ、そこを介して力の出所の中心である肚から押さえ込み動きを封じてしまってから空いたもう片手で殴りつけるという想定です。

 ただやんわりと腕なり胸なりを掴んでいる相手に技をかけたら過剰反応であり護身術ではありません。

 押さえ込んで殴ろうという害意に対処して動き、相手に怪我をさせずにできるだけまるくおさめるのが八光流柔術の技です。

 八光流柔術における型稽古も剣術における組太刀と同じで、攻め方(掛)がしっかり攻めて受け方(取)にその対処法・勝ち筋を学び理解してもらうという構造になっていて、これは伝統的な日本武道の学習手法と変わりません。

 八光流柔術が『速習速成』と言われたのは、本来は師範と門人のマンツーマンの稽古が原則だったからで、師範がしっかり掛をつとめて本当に技が効いた感触を門人に体感させるという環境づくりがあったからです。

 現在では、門人数の都合から門人さん同士で稽古する機会も多いので、掛の役割についてしっかり理解しつつ、また掛をただのやられ役だと思わずに掛として磨ける感性はしっかり磨き鍛えるつもりで望んだほうが、より充実した稽古にできると思います。
 

スポンサーサイト

テーマ:武道・武術 - ジャンル:スポーツ

| 柔術みちしるべ

«  | ホーム |  »