【柔術みちしるべ ~交流の効果~】

【交流の効果】

 先月の本部師範来訪稽古会に撮影した動画を編集して、稽古会参加者に配るためにDVDにしました。

17-11-08-16-45-44-161_convert_20171108174344.jpg

 当日はうちの妻に撮影係りをお願いしていたわけですが、演武で私が痛い目にあったり怖い思いをする度に、とても嬉しそうな妻の笑い声が入っているのをツッコミたくもありますがそれはさておき……。

 先日の稽古では、塾生さんそれぞれに自発的に課題を見つけて取り組んでいる様子が感じられました。

 師伝や個性や環境が変われば、同じ技でも少なからず形や効果が変わることもあるのですが、来訪稽古会で体験したその少しの差異が違った視点から見て感じるきっかけになり、モチベーションが高まっているように感じます。また、より深い技量に触れた興奮もあることと思われました。

 私も身軽だったころは、大宮の本部道場をはじめ他の支部道場の先生のところにも出稽古に伺ったことが何度もありますが、その度に自分の未熟さも痛感し新たな課題や意欲を得ることができていたなと思い返しました。

 内輪だけで稽古するよりも、自分の現状をリアルに測れる貴重な経験だったと思います。

 出稽古以外でも、他支部師範との交流の機会として八光流ではオフィシャルな行事では錬士会がありますし、教伝収め式・初め式や師範大会なども普段会えない先生に教えを乞うチャンスがありますから、そういった行事にまだ参加したことのない方には、一度参加されてみることをお勧めしたいです。

 なかなか塾生みんなでそろって出稽古や行事に参加しにいくというのは難しいことなので、今回のように福島の文武塾道場に来ていただくというのは良い企画だったかなと思いました。

 今後も少しずつこういった企画を取り入れていきたいと思いますし、ご縁があればまた違った先生にもお越しいただけるような体制が作れていけたら良いなぁ~と夢が膨らんでいる次第です。

スポンサーサイト

テーマ:武道・武術 - ジャンル:スポーツ

| 柔術みちしるべ

«  | ホーム |  »